新年のご挨拶

  • 2019.01.16 Wednesday
  • 12:41

新年明けましておめでとうございます。

 

さて,まさかブログを更新しないままこんなにも時間が経ってしまうとは私自身思ってもみませんでした…。

言い訳をさせてもらえれば,一昨年のある日から急にブログの管理者ページになぜかログインできなくなってしまい,原因を調査するのが面倒だったので,そのまま放置し続けていたらこうなっていたという顛末でして…。

 

とは言え,さすがにずっと放置はまずいだろうということで,2019年の新年になって,平成も終わるしと思い,重い腰を上げてウェブページの管理をお願いしている友人にお願いして,何とか再度ブログの編集ができるようになったという訳でございます。

 

そんな訳で,今まで放置している最中にも書こうと思っていたブログのネタ(大半が釣りネタですが…。)はあるので,ちょくちょくまたブログの記事も上げていこうと思います(新年の所信表明)。

 

本年もよろしくお願いいたします。

渓流釣り2017in匹見峡

  • 2017.07.22 Saturday
  • 15:50

弁護士の村田です。

 

さて、今年もいつものメンバーにて渓流釣りに行ってきましたので、今回はその記事です。

今年は、とある目的があってイワナを多く釣りたいということで、いつも行っている三段峡ではなく匹見峡の方まで足を伸ばしてみました。

 

「国道」ならず「酷道」としか言いようがない488号線の山道をどんどん進んで、朝早くに目的地のイワナが多く釣れる匹見峡付近の上流に到着。

今年も天気が良く、まさに精霊が住んでいそうな自然豊かな景色を楽しみながら、釣りをスタートしました。

 

 

狙うはアマゴやヤマメももちろんのこと、上流の深場に多くいるイワナです。

良さげなポイントを狙いつつ、更なる上流に向けて川をどんどん進んでいきましたが、今年は調子が良くヒットヒットの連続です。

 

 

毎年同じくことを言っていますが、テンポ良く釣れると川登りの辛さも忘れてあっという間に時間が過ぎてしまいます。

結果的に、朝から行って夕方頃まで半日近く釣りましたが、狙いのイワナも含めて20匹近く釣り上げることに成功しました。

 

 

写真の内、左の方にまとめているのがイワナですね。

 

という訳で、釣りが終わった後は、いつものお楽しみタイムです。

 

 

やはり炭火でじっくり焼き上げる川魚の塩焼きの美味しさは抜群。

半日近く釣りをしていた疲れも一気にリフレッシュすることができます。

 

さて、釣りが終わって、余ったイワナはそのまま持ち帰り、別の楽しみに使いました。

と言いますか、そのためにイワナを狙いに匹見峡に行ったのですが、イワナは塩を付けずに素焼きにして、それを熱燗に付ける「骨酒」という料理に利用することができるのです。

 

去年、それを教えてもらって飲んだところ、抜群の美味しさに感動しまして、これを今年も是非したい、ということでイワナ狙いだったのです。

 

そんな訳で、家に帰ってから、素焼きにして熱燗に付けて「骨酒」を作ってみたのですが、やはり美味しい。

イワナの出汁が絶妙に日本酒に合っていて、日本酒が好きな方には是非味わってほしい料理です。

 

以上、今年も無事に満喫することが出来て、来年も同様にイワナ狙いでもいいかもしれないと思った渓流釣り2017年in匹見峡でした。

事務所旅行in壱岐2016

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 11:50

弁護士の村田です。

 

非常に今更な記事ですが、去年の秋に毎年恒例の事務所旅行として壱岐に行っておりましたので、そのお話です。

と言っても、毎年ほぼ同じメンバーで行っていますので、もはや勝手知ったる何とやら、壱岐に着いたら各々好きなことを好きなようにし始めて、いつも以上にまとまりのない旅行になりましたが、今年も天気だけは良かったので、やはりのんびりとした離島の気分は味わうことができました。

 

そして、何といっても釣り!(と言いますが、いつもその話ばかりですが)

今年は空いた時間にエギングでの秋アオリイカ釣りに挑戦していたのですが、これがビンゴ。

ランアンドガンであちこち動きながらエギを投げていいたところ、それなりの釣果が上がり、アジを釣っている時間がない時は、エギングでもいいじゃないかと思い始める結果でした。

 

 

さて、2016年はそれだけで終わらず、波止からのアジの泳がせ釣りで何とクエが釣れる(しかも2匹も!)というサプライズも。

クエと言えば、捨てるところがないと言われるくらいどのように食べても美味しい超高級魚。

そんな魚が波止で釣れる当たり、さすが離島の本領発揮といったところでした。

もちろん、釣ったクエは調理して美味しくいただきました。

 

 

そんな訳で、もはやほとんど釣りをしに行っているような壱岐旅行ですが、2016年は釣りの結果としては大満足の結果になりました。

2017年も、また釣れるものならクエを釣りたいものです。

秋アオリイカinとびしま海道

  • 2016.09.24 Saturday
  • 15:17

弁護士の村田です。

 

さて、去る9月某日、いつも釣りでお世話になっている先輩弁護士のF先生から、「今年の夏は暑くて海温が高かったから、呉の方で秋イカがたくさん釣れているらしいよ」との情報提供を受けて、だったら現地調査に行ってみましょうということで、F先生と共にとびしま海道方面で秋アオリイカ釣りに行ってきまました。

いつもはアジの泳がせ釣りをするのですが、秋アオリは小さい上に好奇心が強いので、アジで釣るよりはエギで釣った方が効率が良いだろうということで、エギングにて勝負。

 

早朝に上蒲刈島の波止に到着し、早速釣りを開始。

出足は鈍く、あまり釣れず情報は嘘だったのかと疑い始めたころ、何やらエギにヒットあり。

 

慎重に上げてみると、サイズは胴長10センチ強の小さ目のイカでした。

サイズはそこまででもないですが、とは言え貴重な秋シーズンでの初釣果。

 

 

初ヒットのおかげで俄然やる気が出てきましたので、ガンガンエギを投げまくると、情報に偽りなしということで、テンポ良く15センチ弱の秋アオリがポンポン釣れ始め、午前10時前には5杯も上がって大満足。

 

そのまま帰っても良かったのですが、最後に帰る前に、波止ではなく道釣りをしてみようということで、場所を移してみると、海沿いの道にはたくさんのエギンガーたちが。

皆さん同じ情報を聞いて秋イカ釣りに来たのでしょうが、その人の多さはまさにリアルポケモンGO状態。

とても道釣りができそうな場所が見つかりそうになりということで、いくつか巡った後に、豊島の方に移動。

そこで場所を見つけて道釣りを開始したところ、何とか1杯上げることに成功しました。

 

という訳で、最終的に早朝から昼前まで釣って全部で6杯釣り上げることができました。

 

 

久々に釣果に恵まれ、ご満悦のまま帰宅した後、釣ったイカは釣り仲間にさばいてもらい、刺身にしたりバター炒めにしたりパスタに和えたりして、大変美味しくいただきました。

 

来年春シーズンまで、この調子で行きたいものです。

 

2016渓流釣りin奥三段峡

  • 2016.08.17 Wednesday
  • 12:35

弁護士の村田です。

 

さて,先日,毎年恒例の三段峡へ渓流釣りをしに行ってまいりました。

今年も去年と同じく奥三段峡でのイワナ,アマゴ狙いです。

 

そんな訳で,いつもと同じく午前9時頃に現地に着いて川登りと渓流釣りを開始。

今年も当日は天気が非常に良く,奥三段峡の景色も抜群にきれいでしたので,川登りの疲れも何のその。

 

 

ポイントポイントとでテンポ良く良型のアマゴ,イワナが釣れて,非常に気分が良いままどんどん奥地に進んで行くと,川の険しさは増すものの,その美しさも増すばかり。

 

 

そんな中気分良く釣りをしていると,結果的に夕方前には十分な数の川魚が釣れましたので,今年は早めに切り上げてお楽しみのバーベキューを開始しました。

 

 

特に,今年は早めにバーベキューを始めることができましたので,魚をいつもより弱火でじっくり焼いてみることにしたところ,これが抜群に美味しい訳です。

 

 

そんな訳で,今年はそこそこ大き目のサイズの魚も釣れたし,数も十分だったしで,大満足の渓流釣りとなりました。

 

で,終わってしまうといつもと変わり映えのしないレジャー記事になってしまいますので,最後に一応弁護士らしく渓流釣りにちなんだ法律の小話をば。

 

さて,川の上流にて渓流釣りをする場合,海釣りと違って実は勝手に釣りをすることは禁止されています。

まず,渓流釣りをするための「遊漁券」を近くの釣具屋などで購入しておかなければならないのです(日券であれば約1000円,年券であれば約4000円)。

 

なぜか。

 

実は,渓流に住む川魚は年々数を減らしており,本当の天然の川魚は川の上流付近にしかおらず,その数も決して多くありません。

そんな状況で,釣り人達が毎年天然の川魚を多く釣ってしまうと,あっという間に川魚は絶滅していまいます。

そこで,そうならないように,漁業協会が養殖した川魚を毎年春先に川の上流に放流しているのです。

そうして放流された養殖の川魚たちは,そのまま川に根付いて子供を産んで天然の川魚になることもあれば,年を越すことなくその年の釣り人に釣られてしまうこともあります。

いずれにせよ,川魚が絶滅しないように,毎年養殖された川魚の放流がなされているのです。

ただ,川魚の放流をするのにも当然費用がかかります。

その費用を誰も負担しないとなると,当然いつまでも放流し続けることはできません。

そこで,川魚の放流の費用を釣り人みんなで負担しようという考えから,渓流釣りをする際には「遊漁券」を購入しておかなければならないのです。

当然,「遊漁券」を買わずに渓流釣りをすることは禁止されていますので,渓流を巡回している監視員に見つかると非常に怒られることになります。

 

さて,以上の次第で,渓流釣りは実は一定の制限がされている訳ですが,かかる制限については漁業法にて規定がなされており,法律の根拠に基づいてなされているものです。

 

したがって,皆さんも渓流釣りを楽しむ場合は,きちんと制度等の下調べをした上でマナーを守って楽しみましょう。

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM