年度末の魔物確定申告

  • 2015.03.13 Friday
  • 12:18
弁護士の村田です。

先日,競馬の外れ馬券の購入費も経費となるかどうかが争われた事件に関し,外れも含めた馬券の購入が経済活動といえる場合は、外れ馬券の購入費も必要経費と認めるべきだとする最高裁判決が出ました。
その結果,この事件の当事者で脱税に問われていた男性は,約5億7000万円の脱税額が約5000万円に減ったそうですが,今日の話はこの事件の話,という訳ではなく,税金の納付に関する確定申告のお話です(と言うのも,この外れ馬券の話は非常に難しい税法上の問題も含んでおり,解説していると紙幅がとても足りません。)。

さて,個人でお金を稼いで暮らしている自営業の皆さんは,年度末になると大体憂鬱な気分になるものですが,自らの税金に関する確定申告をしなければならないのはなかなか面倒なものです。
我々弁護士も,基本的には誰かに雇われて働いている訳ではありませんので,当然確定申告をしなければなりません。
もっとも,弁護士の先生の中には,懇意にしている税理士の先生や自分が雇っている事務所の事務員さんにお願いしてやってもらっている,という方も多いようですが,私は勉強のためと思い自分で全てやっています。
が,これがなかなか大変。
やったことのある人には共感してもらえると思いますが,大体この時期になってやり始めると,もっと前からきちんとやっておけば良かったと後悔するものです。
幸いにして,私の今年度の確定申告は今週の頭に無事終わりましたが,この記事を書いている隣では,弊所の宮崎弁護士が必死に確定申告の準備をしながらひーこら言っております。
けれど,基本的に,弁護士業というものは事業のための「仕入」という概念が発生しませんので,他業種の方々と比べるとそこまで面倒ではありません。
弁護士業にかかる経費としても,主だったもので事務員さんの人件費,他の業種の方々との接待交際費,事務所の光熱費,家賃,通信費,弁護士会の会費,書籍代くらいのもので,そこまで煩雑ではないのです。
とは言え,そういった経費の管理等がサボり気味になってしまった結果,この時期に涙を見ることになるのは,正に自業自得としか言いようがありませんね…。

反省した上で,来年こそは早めの確定申告を心掛けたいものです(オチはない)。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM