ワンセグ携帯のNHK受信契約義務

  • 2016.09.23 Friday
  • 14:56

弁護士の村田です。

 

さて、去る8月26日に、さいたま地裁にて、ワンセグ携帯を持っている場合にNHKの受信契約義務があるかどうかが争われた事件で、受信契約義務はないとした判決が出たとのニュースがありましたので、今日はその記事です。

 

NHKの受信契約義務については、以前記事を書いたこともありますが、もう一度おさらいしてみましょう。

テレビ番組を受信することができる機器を所持している場合、基本的にはNHKと受信契約を締結しなければならない義務があります。

なぜかと言うと、放送法64条1項に、『協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない』と規定されているからです。

したがって、自宅にテレビがある場合、基本的には上記法律を根拠としたNHKの受信契約を拒絶することはできません。

 

ところが、昨今の技術の進歩から、スマートフォン等でテレビを見ることができるようになりました。

いわゆるワンセグ機能です。

テレビはないがワンセグ機能のある携帯電話を所持している場合に、上記放送法64条1項の規定に基づいてNHK受信契約を締結しなければならないのかが問題となったのが上記裁判です。

 

そして、さいたま地裁は受信契約を締結する義務はないとしました。

なぜかと言うと、上記放送法64条1項は『受信設備を設置した者は』『契約しなければならない』とありますが、携帯電話はあくまで『設置』ではなく『携帯』しているに過ぎないものであるから、同条文の適用はないと判断されたからです。

放送法の別の条文で、『設置』と『携帯』が分けて規定されていたことも、義務を否定する根拠となりました。

 

以上の次第で、さいたいま地裁ではワンセグ携帯の契約義務はないとされましたが、NHK側は不服であるとして控訴しているそうなので、高等裁判所で判断でひっくり返る可能性はあります。

 

もっとも、今現段階の裁判所では、ワンセグ機能のある携帯電話を持っていても契約義務はないとの判断をしていますので、今後NHKの勧誘が来た場合、その理屈で拒否することはできそうです。

 

余談ですが、ついこの間、私のところにも久しぶりにNHKの勧誘の人が来て、テレビはないから契約するつもりはないですと答えたところ、携帯電話は何を使っていますか?と聞いてきたことがありました。

もしこの時、私がワンセグ機能があるものを答えていたら、じゃあ契約してくださいと迫るつもりだったのかもしれません。

その場合、上記裁判例との整合性についてその勧誘の人がどのように答えるのか非常に興味深いところではありましたが、勧誘の人をいじめても仕方ないので、問答するのはやめておきました。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM