濱野弁護士、TVデビュー

  • 2017.04.06 Thursday
  • 12:08

弁護士の村田です。

 

さて、想像以上に投稿期間があいてしまいましたが、本年一発目の投稿は、表題のとおり弊所の濱野弁護士TVデビューの話です。

と言いますのも、とあるご縁がありまして、弊所の濱野弁護士が広島ホームテレビで放映中の情報番組「HOME J ステーション」(月〜金 夕方4時49分〜)の水曜日コメンテーターに抜擢されて出演することになったのです。

そして、昨日が栄えあるその第一回目の放送だった訳です。

 

弁護士というのはやはりなかなか身近な存在ではないと思われがちで、「こんなことで弁護士に相談に行っていいんだろうか?」などと敬遠されてしまうことがよくあります。

けれど、我々弁護士が目指しているのは対処療法的な手助けではなく、事態が大ごとになる前の予防法務です。

したがって、予防的対処ができる段階の内に、敬遠されることなく気軽に相談に来てもらいたい訳です。

そんな訳で、濱野弁護士のTV出演をきっかけに、ご覧になった方々が少しでも弁護士を身近に感じてもらえれば幸いです。

 

濱野弁護士は毎週水曜日にコメンテーターとして「HOME J ステーション」に出演しておりますので、お時間のある方は是非番組をご覧下さい。

 

 

と言う話だけで終わってしまうと事務所の近況報告だけになってしまいますので、最後に一つTV業界にまつわる小話を。

 

実は、TV業界の不思議な慣習(?)として、大事な決め事でも契約書をあんまり作らない、というものがあります。

TV会社の総務の担当者の方々が非常にお忙しいから、という理由なのかどうかまでは分かりませんが、TV業界では結構口約束で物事が動くことが多いような印象を受けます。

私も以前TV業界関連の案件に携わったこともありますが、その時も契約書が存在しないことに端を発する紛争だったと記憶しています。

この慣習、弁護士目線で考えると非常に不思議かつリスキーな慣習でして、日本の裁判ではとにかく書面が重視されます。人の言うことは信用ならん、ということではないのでしょうが、書面に残っているかどうかでその信用度に大きな差が生じてしまいます。

ですので、大事なことであればあるほどとにかく書面にして残す、ということを我々弁護士は心がけているのですが、TV業界では何故か契約書にして残すということがあまりないようです。

とても不思議ですね。

 

そんな訳で、TV業界関係者ではない皆さんは、何か大事なことを決める時は必ず書面にして残しておく、ということを心がけておくと後日の紛争予防に役立つことでしょう。

万が一、それでもトラブルになった場合には、TVに出演している濱野弁護士も所属している弊所にご相談ください。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM