弁護士バッジよもやま話

  • 2015.02.25 Wednesday
  • 15:23
弁護士の村田です。

先日,弁護士会の委員会の関係で,三原の中学校まで授業をしに行ったのですが,学生に話をする際の鉄板ネタの一つに,弁護士バッジトークがあります。
大体,どの学校に行っても,弁護士バッジを見せると学生はすごく盛り上がってくれて,授業で難しい話をして冷え込んだ空気を暖めるのには非常に便利なのです。
今日は,そんな弁護士バッジのお話をしてみます。

さて,学生にバッジを見せた際に,「弁護士バッジってどこで買うんですか?」との質問を受けましたが,実は弁護士バッジはそれぞれの弁護士が自分で買ったものではありません。
弁護士になる際に,日弁連から借りているものなのです。
したがって,紛失するとすごく怒られますし,当然弁償しなければなりません。
特に,弁護士バッジを着けていれば,ほとんど警察関係施設に顔パスで入れるようになるので,万が一弁護士以外の人の手元に渡って悪用された場合には大事です。
そういう訳で,紛失した場合には,失くした顛末とかを記載した始末書を日弁連に提出する必要があるのです。

そんな弁護士バッジのデザインは,よく見ると以下の写真のようになっています。



まわりの模様は,「ひまわり」をイメージしたもので,「正義と自由」を意味しています。
また,真ん中には「公平」を意味する「天秤」の模様が描かれているのが分かるかと思います。
そして,裏側には,弁護士の登録番号が刻印されていますので,その番号を見ればどの弁護士のバッジかは分かるようになっているのです。

ちなみに,上記バッジは私のバッジを撮影したものです。
もらった当初は金メッキでピカピカと輝いていましたが,何年も使っていていますので,既に金メッキが剥がれかけて地肌の銀色がうっすら見え始めています。
金メッキが剥がれていない方がピカピカと綺麗なので,そっちの方がいいと考える人もいますが,一方で,そのようなピカピカしたバッジを着けていると,経験の浅い新人弁護士であると相手から舐められる可能性がありますので,バッジのメッキを敢えて剥がすべく,故意に小銭等でバッジをこすったりする若手弁護士も中にはいます。
何十年ものキャリアを有する大ベテランの先生にもなると,バッジの金メッキはほとんど全て剥がれてしまって銀色のバッジになっており,これはこれでいぶし銀で非常にかっこよく,若手の弁護士はいつか自分のバッジを銀色にすることを夢見ていることも多いですね。

さて,そんな弁護士バッジ。
私は幸いにしてまだ一度も紛失はしていませんが,ベテランの先生の中には,紛失してしまって以降,面倒くさいので再発行の手続きを取っておらず,手元にバッジがない,なんて先生もいらっしゃいます。
それでも業務に支障がないのは,そういう先生は大体が偉い先生なので,バッジがなくても顔が売れており,本当の意味での顔パスが可能だからこそ問題ないのであって,私のようなベテランではない弁護士がバッジも着けずに関係各所に行っても門前払いを受けること確実ですので,とりあえずはバッジの紛失には気を付けようと思います。

裁判員裁判における証拠等の配慮の必要性

  • 2015.02.06 Friday
  • 12:56
弁護士の村田です。

先日,ニュースでとある裁判員裁判にて,遺体の写真を見た裁判員が意識を失ったとの話がありました。
殺人事件など,人が亡くなられている事件の場合,どうしてもそのご遺体に関わる証拠が何らかの形で裁判に出てこざるを得ず,それを見た裁判員に悪影響が出るのではないかということは,当初からずっと危惧されていました(し,実際に裁判手続の中で心の傷を負ったとして元裁判員の方が国を相手に損害賠償訴訟を起こしている事案も発生しています)。
今回のニュースは正にその危惧が表面化した事例と言えるでしょう。

さて,上記ニュースを見て,私も以前担当した裁判員裁判で同じようなことがありましたので,あながち他人事でもなかったなという感想を持ちました。
私が以前担当した裁判員裁判も,傷害致死で相手の方が亡くなられていたのですが,その死に方がかなり特殊な事例でしたので,証拠として,被害者の方が亡くなられた事件現場の様子やご遺体の様子などに関連した証拠が裁判で提出され,被告人質問の際に被害者の方が亡くなられる際の経緯等について比較的詳細に聴き取りがなされていました。
その際,そのやり取りを聞いていて流石に気分が悪くなったのか,裁判員の方の内の1名が休廷を申し出るということがあったのです。
その後,休憩して気分が回復したのか,再開後は特に問題なく手続が進み,無事判決が出されたのですが,後日裁判所と検察官との間で行った反省会においては(広島地裁においては,裁判員裁判を実施した後,裁判所・検察官・弁護士の三者で終結した裁判員裁判の反省点を当事者間で協議する会合が設けられることが通例なのです),やはり裁判員に対する配慮が足りなかったのではないかという点が議論されました。
と言うのも,我々法曹は普段からそういった人の生き死にに関わる事件に携わってきていますので,一般の方々に比べてどういう画像を見ると気分が悪くなるのかといった感覚が麻痺してきている傾向があり,この時も,写真は白黒にするのかとか,現場に残った血の様子は写真ではなく絵で表現すれば足りるのではないかとか,事件現場等に関連する証拠に関し裁判期日前の打合せで色々と三者で議論をしていたのですが,それでも,一般の方が見た場合どう感じるのか,という点で想像力が多分に欠如していた可能性は否定できなかったのです。

とは言え,一方で,あまりに裁判員に配慮し過ぎた結果,裁判で出される証拠が簡略化され過ぎると,裁判員の方々にその事件がどういう事件なのか,といった点に関して具体的なイメージがほとんど伝わらず,結局裁判が形骸化してしまう可能性もあります。
なので,裁判員裁判においては,どこまでご遺体の写真等に関して裁判員に配慮しなければならないのか,という点は非常にセンシティブで難しい問題だと思います。

踊る法廷

  • 2015.01.08 Thursday
  • 12:17
弁護士の村田です。

さて,皆さんは,法廷と言うと堅苦しいイメージがあるのではないかと思います。
いわゆる壇上に裁判官がいて,その真正面には証言台,その左右に代理人席があり,奥にはバーで遮られた傍聴席がある,視覚的にはそのようなイメージだと思いますし,実際の裁判の場ではおちゃらけた空気は一切許されない厳粛な雰囲気がある,といったイメージを持たれている方が多いでしょう。

ある面ではそれは正解ですが,民事裁判の場合,実はもっとくだけたフランクな裁判が行われることもあるのです。
と言うのも,上記した公開の法廷で行われる裁判期日を「口頭弁論」と言いますが,民事裁判の場合,他にも,公開の法廷では行われない「弁論準備手続」と言う裁判期日も存在してます(なお,実務的には,民事裁判の大多数がこの弁論準備手続を中心として進められています。)。
弁論準備手続とは,裁判での争点や証拠等を整理するために設けられる裁判期日の一つでして,場所は上記した通常の法廷ではなく,会社とかの会議室のように大きいなテーブルが部屋のど真ん中に置かれている「ラウンド(テーブル)法廷」で行われることになります。
そして,この弁論準備手続は原則として非公開となっていますので,この場では実にざっくばらんな話を裁判官としていくことがままあります。

例えば,以前私が代理人として出席したとある裁判では,証拠として提出されていたとある書面に貼付されている収入印紙の発行年月日が問題となりましたので,そのための証拠として「日本印紙カタログ」という本(日本で発行された全ての印紙のデザインと発行年月日等が記載されているもので,図鑑としてもなかなか興味深い本です。)の抜粋を裁判所に提出したのですが,その際,裁判官がその本にすごい食い付いてきて
「きたきた,日本印紙カタログ!」,「おー,印紙の価値とかも書いているんですね」,「昔は切手のコレクションとか流行りましたけど,印紙でもそういうことがあるんですかねぇ」,「やっぱり法曹たるもの,こういう本も持っているものなんですか?」(注,そんなことはないです)
と興奮した様子で話をし出したので,思わず苦笑いしながらも和んでしまったということがありました。

そんなこんなで,意外とフランクな話もすることがある民事裁判。そういった場面を見ると裁判のイメージがガラリと変わることもあるとは思うのですが,公開されている裁判ではなかなかそういう場面に出会わないので,当事者及びその代理人以外がそれを見る機会が少ないのは非常に残念な気もします。

雪の裁判

  • 2014.12.17 Wednesday
  • 11:31
弁護士の村田です。

本日は,朝起きてカーテンを開けると一面銀世界,と言うことで,昨日の夜に大雪が降っていたらしく,広島市内でもかなりの雪が積もっていました。
広島にはもうそこそこ長いこと住んでおりますが,広島市内でここまで雪が積もるというのはなかなか珍しいような気がします。

しかしながら,どんなに雪が積もろうとも,裁判がお休みになる訳ではございません。
今日も今日とて朝に裁判が入っておりましたので,雪の中裁判所に向かうことになったのですが,事務所を出るのが遅れてしまい,歩いていると遅刻しそうな事態に。
仕方なしに,自転車で裁判所に向かうことにしたところ,当然道路は雪が積もっていて,ところによっては凍っている始末。
自転車なんか危なくて運転出来たもんではありませんでした。
とは言うものの,今さら引き返して歩いていく訳にもいかず,どうにかこうにか滑ってこけないように慎重に運転して何とか裁判所に到着し,裁判にはギリギリ間に合いました(と,いう話を裁判所の控室にいた先輩弁護士に話すと,「そりゃ危ないよ,君。怪我でもしたらどうするんだ。」と窘められましたが,さもありなん)。

そんな訳で,裁判所に行くのにも一苦労だったのですが,裁判所に入る際に,裁判所の正門前にいつもいかめつらしい顔をして立っている守衛さんがなぜか目の前に積もった雪を集めて手で丸くしているところを目撃し,「まさか雪だるまでも作る気じゃあるまいな…」と思いながらも,ほっこりする場面を見ることもあったという,そんなヤマもなければオチもない,雪のある日の小話でした。

楽しい裁判傍聴のすすめ

  • 2014.12.10 Wednesday
  • 18:10
弁護士の村田です。

弁護士が日常業務で裁判をやっていることを知っている人は多くても,実際に裁判を見に行ったことがあるという人は少ないように思います。
見に行かない理由としては,敷居が高そうとか,勝手に入っていいのか分からないとか,そもそも行く暇がないとかでしょうか。
ただ,実は裁判は基本的には全国民に公開されていますので,誰でも気軽に傍聴することができます。
別段,見に行く裁判に関して予約とかをする必要もありません。
ふらーっと裁判所に行って,その日の開廷表を見ながら,面白そうな事件があればそのままふらーっと法廷に入り,勝手に見ていても構わないのです。
退屈な事件であれば,途中に退出しても問題ありません。
かように,実は裁判傍聴の敷居というのは意外に低いものなのです。
そして,実際に裁判を傍聴すると,裁判の中で色んな人間ドラマが垣間見えたりして,結構面白かったという感想を抱く人も多いようです。

そんな訳で,裁判傍聴にはまってしまって,ほとんど毎日のように色んな裁判の傍聴に来ている傍聴マニアの方々も存在しています。
恐らくは,定年後仕事を辞めてからの趣味の一環として傍聴に来ているのでしょうが,ほんとに毎回毎回色んな裁判を傍聴されている方々がいて,我々が新件の裁判で法廷に入ると,「あっ,あの人また来ているなぁ。」と思うこともしばしば。
それくらい,はまる人ははまってしまう不思議な魅力があるのが裁判傍聴なのです。

では,面白い裁判と面白くない裁判を見分けるコツを少し書いてみます。

まず,裁判所の1階のロビーにその日裁判所で開かれる裁判の開廷表が置いてありますので,それをおもむろに開いて中をペラペラと見てみますと,どこの法廷で何時から何の事件の裁判が行われているのかが記載されています。

その中でまず注目すべきは,その裁判が民事事件か刑事事件かです。

と言うのも,民事事件の裁判は基本的には書面主義で裁判が行われますし,1か月に1回のスパンで裁判が行われていますので,途中から見ても何のことやらよく分かりません。
また,裁判の中身も,代理人弁護士が「書面の通り陳述します。」としゃべるだけで,特に面白いことも起きないからです。
ただ,開廷時間が30分だけとかではなく,何時間も取ってある場合には要注意。その時は証人尋問を予定していることが多いので,よくドラマとかで行われている「異議あり!」などの場面が見られるかもしれません。

そうでなければ,刑事事件の裁判を見た方が比較的面白いでしょう。
民事か刑事かの見分け方は簡単です。裁判の事件名に「〜罪」とか「〜法違反」とか罪名が書いてあれば,それが刑事事件です。一方で,「〜請求事件」とか書いてあると,民事事件ですね。

そんな訳で,刑事事件を見つけると,次に確認すべきことは,「新件」か「審理」か「判決」か,それらのどれが記載されているかです。
「新件」と言うのは文字通りその日第1回目の期日が開かれる裁判のことで,「審理」と言うのは第2回目以降の裁判,「判決」はそのまんま判決が言い渡される期日のことを言います。
そして,当然「判決」だけを聞いても面白くはありません。事件のあらすじを裁判所が説明してくれる訳でもありませんので,なんかよくわからない事件について判決が言い渡されたな,くらいしか分かることはないでしょう。
では,「新件」か「審理」かですが,2回目以降の裁判を急に見ても事件の内容がよく分かりませんので,まずは「新件」を見ることをおすすめします。
ただ,「新件」でも開廷時間が20分程度になっている場合は要注意。
なぜなら,20分程度と時間が短い場合は,1回の裁判では終わらない複雑な事件だったり,他にも追起訴が予定されている事件だったりして,第1回目の裁判ではほとんど中身に入らずに今後の進行についてのみ確認して終わることが多いからです。
そういう裁判を傍聴しても,あんまり面白いとは感じないでしょう。
一方,「新件」でも50分程度時間が取ってある場合は,1回の裁判で判決を除く全ての手続を終わらせることができる簡単な事件の場合が多いのですので(覚せい剤の自己使用や万引き事件等),証人尋問や被告人質問などの刑事事件のハイライトを全部見ることができる可能性が高いです。
したがって,裁判傍聴初心者の方は,刑事事件の「新件」で時間が50分程度取ってある裁判を傍聴しに行くと,刑事裁判の手続を一通り見ることができますので,それなりに楽しめると思います。

そして,裁判傍聴に慣れてきたら,1回の裁判で終わらなかった複雑な事件を追いかけて何度も傍聴しに行くのもいいでしょう。
時間が許せば,ひとつの事件を最初の手続から最後の判決まで見に行ったりすると,その事件のあらましのほとんどが理解できてなかなか興味深い体験ができると思います。

そんな訳で,皆さんも,平日に時間が余って暇なときなどは,ふらーっと裁判所に裁判傍聴に行ってみるのも,なかなか乙なものですよ。

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM